今はそんなに紫外線がキツイのか

息子が初めて保育園に行きだしたのは5月ごろでした。2歳と半年で、一番人見知りも激しいことでした。入園の手続きをして、担任の先生とご挨拶。すると、色々な説明があったのですが、その中で、園庭や園外保育のときに日焼けを塗りますか?と聞かれました。そのときに初めて赤ちゃんの日焼け止めを知りました。私が子供の頃はそんなことを気にしたことも、母に気にしてもらったこともありませんでしたし、びっくりしました。すると、今は紫外線のアレルギーや光線アレルギーというようなものがあるので、子供一人一人に合わせて、赤ちゃんの日焼け止めを塗っていますとのことでした。しかも、そのクリームは普通の子供用のボディソープなどて落とせると聞きました。今と昔と、こんなに違うんだなぁと実感しましたね。

昔は赤ちゃんが少しずつ太陽になれるようにと、日光浴のようなことをしていました。今では、紫外線が怖いのでなかなか推奨されてないんでしょうね。色の白い赤ちゃんが多い気がします。ベビーカーにも紫外線防止のフィルムがついていたりします。また、お買い物をしているとベビーコーナーには赤ちゃんの日焼け止めがたくさんあって驚きました。赤ちゃん用のソープで落とせるようなもの。お湯で落とせるようなもの。肌荒れが起きにくいもの。たくさんです。私の個人の意見ですが、赤ちゃん、子供はそんなことを気にせずに外でたくさん汗をかきながら真っ黒になるくらい遊んで欲しいです。アレルギーなどは仕方ありませんが、それよりも、紫外線がこんなに怖いものになってしまう前に、大人がしっかりとしていってあげたかったですね。
赤ちゃんに使える日焼け止めアロベビーUV&アウトドアミストってどう?