行き詰まる前に!

借金返済シミュレーション体験しました。その理由をお話します。

最初のうちは、自分が借金で苦労しているという意識はなかったんですよ。
支払い用の口座を作っていて、そこにローンやらキャッシングやらを引き落としをしていました。正社員なんだけど、給料だけでは間に合わない、じゃあどうするか?正社員以外のバイトです。
あの頃はアドレナリンが過剰に分泌でもしてたのか、疲れも大して感じず、バイトで稼いだお金は全部口座に入れていました。

節約もそれなりにしてたので、一年くらいは結構な額を入れて、たまに残高だけ確認してた。
つまり、具体的にいくら引き落とされているかは、確認していませんでした。
でも、いつまでも無茶な生活が続く訳がなく、体を壊してしまったため収入も大幅減、着々と減っていく口座の数字…不安で暗くなっていく自分。

このままでは精神的にやばいと感じて、とにかく現状把握だけしようと決心しました。
幸い、と言っていいのか、契約時の書類とか、色んな通知の手紙などは全部とってあるので判断材料はありました(後半は見たくないから封も破ってないが、怖くてすてられなかった)。
それらを見て現状は分かりましたが、あとどれくらい返せばいいのか、そもそも返済可能なのかも解らない。
そこで頼ったのが、借金返済シュミレーターでした。

以前からこれの存在は知ってましたが、使う機会がなかった、というか(現状把握したくなかったので)使いたくなかった。
これは、数字データを入力して自動計算してくれるものと、フォーマットに沿って必要事項を入力して、専門家から回答を得るものがあります。
前者はその場ですぐ計算結果がでますが、言ってしまえばそれだけ(役には立ちます)。
後者は法的なアドバイスをもらえますが、すぐに答はいただけません。

私は前者の答を持って、後者の借金返済シュミレーターを使いました。
結論を言うと、行き詰まる前で良かったですね。
行き詰まる前の人はそれを回避するために、行き詰まっている人はそれを打開するために、シュミレーションをお奨めします。